SSブログ

私は、他者とのかかわりで出来ている

的を射たご指摘の、本だと思います。

私とは何か――「個人」から「分人」へ (講談社現代新書)

私とは何か――「個人」から「分人」へ (講談社現代新書)

  • 作者: 平野 啓一郎
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2012/09/14
  • メディア: 新書


個人を 「1」 だと思うから、生きづらいし 「ほんとの自分」探しをしちゃう。
個人は、「分人」 の集まりだと思うと、いろいろなことに納得がいき、生きやすくなる。

恋人と一緒にいるときの 「分人」
苦手な上司といるときの 「分人」
知り合いと会ったときの 「分人」

それらは、まったく別のものではないけれど、
あきらかに違う。

自分は、「分人」 の集合体…というか、
かかわる相手によって、自分は変わるのだ、と。
好きな自分でいたかったら、好きな「分人のタイプ」 でいられるひとと
一緒にいればいいのだと。

・・・すごい本。そのとおりだと心からそう思った。

人間は多面体、というのは私がよく口にする持論でしたが、
そのことを、本当にわかりやすく書いていらっしゃる。
そういうふうに感じるひとは、いらっしゃるんだなあ・・・と、すごく嬉しくなりました。

自分を好きになることが難しかった私は (現在も精進中)、
「自分が、好きなひとを見て、 この人が好きな私は、大丈夫だ」
と、思春期から自分に言い聞かせていました。

自分はスキになれないけど、
このひとをスキな自分は、まあまあいいんじゃないか、と。
そのことが、自分を支えていました。

「分人」

慣れないことばですが、概念は素晴らしい!一読を強くお勧めします。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます