SSブログ

アベンジャーズとチームワーク


Avengers

Avengers

  • 作者: Marvel Comics
  • 出版社/メーカー: Marvel
  • 発売日: 2012/05/02
  • メディア: ハードカバー


お誕生日の8月14日に先行上映があり、『初回』、観に行きました。

『個性・能力とチームワーク』 について、考えさせられました…。
能力が大変高い(という枠を超えている) メンバーが集まると、
そもそもチームでワークする必要がないひとたちなので主張がキツく、ぶつかるわけです。

しかし、チームでワークする必要性を納得すると、
そこは全員一流のプロなので、それぞれ勝手に役割を認識して力を発揮する。

「チームでワークする必要性」 が、あるときは危機意識なのかもしれないし、
あるときは理想、あるときは物語、あるときはアイデンティティなのかもしれません。
大学、企業、国家…様々な組織体に、わかりやすいアイデンティティが求められる時代です。
共有できるアイデンティティや「チームワークの必要性」をどれだけ浸透させられるかが、
リーダーに求められるスキルなのでしょう。



映画では、サミュエル・L・ジャクソンがリーダーでした。全身説得力、みたいな方です(笑)。
ストーリー中で、彼は少し姑息な「工夫」をしてアベンジャーズの気持ちをひとつにします。
そこも「アメリカ的」なのかなあ、と。最後は「個」が最重要なんだよ、という感じを受けました。

映画そのものは欠点もたくさんありますが…「アメリカンコミックス的爽快感!」が味わえます。
理屈抜きで、こども心にもどって 『カッコいいー!』 と笑い楽しめる映画。
「そんなわけないやろ!」 と思っちゃいけません。
宇宙から襲ってくるメカ生物の寸足らずサイズに、若干予算面での残念感がありましたが…。



力のある方は、やはり舞台の最前線に出て来られるものだなあ、としみじみ。
私のハートも矢で射ぬかれたこの役者さんは、次回 『ボーン・レガシー』の主役です。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます