SSブログ

表現はできるけど、説明は苦手 [キャリア]

ご無沙汰しております。

今日から、ブログを再開します。

キャリア形成に関して、日々心に留まることが増えてきました。

また宜しく御願い申し上げます。



芸術系大学の学生さんの、就職活動相談に乗っていました。

彼女との会話の中から、あらためて気づいたこと。


『表現はできるけど、説明は苦手』

…そうか。説明と表現は違うのか。


いい、悪いではなく、就職活動では 「自分を、説明すること」 が求められます。

芸術を通じて自己表現をする彼ら彼女らが、なぜ「就活での自己表現が苦手なのか」

今まで不思議だったのです。


でも、そうなのでした。表現はスキだけれども、説明はスキではない。

友は 「表現は自己満足でいいけれど、説明は相手があるからね」 といいました。

もちろん、クライアントあっての表現や相手を意識した表現もあるでしょう。

しかし、軸足が異なるということなのです。


でも、私はその大学の学生さんたちがとても好きで、

それは全員に 「表現したい」 という気持ちが充満しているからです。

似た洋服、似た髪型、似たメイク、似た雰囲気の学生さんがいないキャンパス。

表現したい自分があるなら、説明なんか慣れで乗り越えられる!


応援しています。

世界が土曜の夜の夢なら  ヤンキーと精神分析

世界が土曜の夜の夢なら ヤンキーと精神分析

  • 作者: 斎藤 環
  • 出版社/メーカー: 角川書店(角川グループパブリッシング)
  • 発売日: 2012/06/30
  • メディア: 単行本


面白い!
でも、タイトルがどうしてこれに?
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

裸の島インプットとアウトプット ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます