SSブログ

京都パワー

年末年始は京都(近辺の関西都市も含む)の企業について、書籍で追っておりました。

ニンテンドー・イン・アメリカ: 世界を制した驚異の創造力

ニンテンドー・イン・アメリカ: 世界を制した驚異の創造力

  • 作者: ジェフ・ライアン
  • 出版社/メーカー: 早川書房
  • 発売日: 2011/12/22
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)


実家の近所の花札・カード屋さんの出された、ほぼすべてのゲーム機で遊んできました。
そんな会社、「任天堂」のアメリカンストーリーを紹介した本。
著者のゲームへの愛、ニンテンドーへの愛が伝わってきて、気持ちよく読了できます!
ここからわかったことは…

やっぱり、素晴らしい製品やビジネスには「熱意」「執念」「濃い愛情」が不可欠なのだということ。
独自性なんて言ってるうちは、たぶん違う。必死でやっていることがおそらく、いつのまにか勝手に
輝いていて独自性をまとうのではないでしょうか。

気が付いたら、輝いていた。

そんな甘いものではないのでしょうけれど…、でも輝くためではなく、気が付いたら輝いていた、を
目指したい2012年です。
「うちは、おもちゃ屋です」 とおっしゃるニンテンドーは、誇り高く輝いています。
モルディブで出会った、シンガポール富豪の9歳の息子さん(英語ぺらぺらでいつも不機嫌)が
満面の笑みで「I Like ポッキモーン!(=ポケモン)」 と急にはしゃいでくれたことを思い出します。
あの笑顔は、間違いなくニンテンドーがくださった輝きでした。
世界のこどもは、ニンテンドーのポッキモンが大好きです!すごいなあ。



私が一番好きな子はこの子、「フシギダネ」。修行が足りないからと、年に1回の「フシギソウ」への
成長機会を 「来年にしてくれ」 と言った、いい子です(笑)。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます