SSブログ

イギリスの夜と陰翳礼讃

親友がイギリスに居住していて、日本に帰国したときに、
日本の夜道はすげえ明るいんだよなあ、と言ったのを思い出します。
かの地では、夜間電力料金がお安いとか。

「だから、夜に洗濯するんだよな」

なるほど。時間帯によって電力料金が、個人宅でも変動するのに併せて
生活を組み立てているわけですね。

陰翳礼讃 (中公文庫)

陰翳礼讃 (中公文庫)

  • 作者: 谷崎 潤一郎
  • 出版社/メーカー: 中央公論社
  • 発売日: 1995/09
  • メディア: 文庫


この本の、薄暗がりでいただく羊羹の美しさや金屏風の鈍い光の描写が本当に好きで
先日東京に出張した折、それを思い出しました。

大震災で喪ったものはあまりにも多いですけれども、
その分何か大切なものに気づく機会にしてゆければ…と思います。
日本の夜が、灯りの様子が、どの程度が適度なのかを考える
そんな機会になっているように思います。
nice!(0)  コメント(3)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 3

広島県北の学生

お久しぶりです。
メールや講義などで指導を受けていた学生です。
どうしても就職活動で行き詰ってしまい、
先生に少しご助言いただきたいのですが・・・
以前のメールアドレスはすでに使われていないのですかね?
by 広島県北の学生 (2011-05-29 17:28) 

村上春樹が大大大好き!!!

こんにちは。お久しぶりです。
学部生の頃から宇品チャンパスで今年の4月まで大変お世話になり、今院生2年のT・Tです。(イニシャルで申し訳ありません。)

先生のブログ、久しぶりに拝見しました。今までと変わらぬご活躍で何よりです。

僕は今就活と、資格試験の勉強と修士研究の3挟みで精神的に辛い状況ではありますが・・・。

資格試験が間近であるため、就活に選考会以外では時間が殆ど割けないの大変苦しいところです。


愚痴ってばかりすいません。またご相談に乗って下さい。宜しくお願いします。


by 村上春樹が大大大好き!!! (2011-06-08 19:15) 

chichi

T.Tさん、広島県北の学生さん

レスが遅くなってごめんなさい。
早速ですが、私宛のメールは、pu-hiroshimaアドレスでも
7月くらいまでは届くようです。
いつでもお気軽に連絡くださいね。
もちろん、母校のキャリアセンターも、ご活用ください。
それではまた。

by chichi (2011-06-12 23:13) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます