SSブログ

大学を考える [キャリア]

タイトルは挑発的ですが、内容は非常に熱く、真面目なご本です。

名ばかり大学生 日本型教育制度の終焉 (光文社新書)

名ばかり大学生 日本型教育制度の終焉 (光文社新書)

  • 作者: 河本敏浩
  • 出版社/メーカー: 光文社
  • 発売日: 2009/12/16
  • メディア: 新書


原因があって、結果がある、ということばが好きな私ですが、
この本は、なぜ大学がこうなっているのか、なぜ大学生がこうなっているのか、という問いに
ある答えを示してくださっています。
その分析の正当性をここで論じるのではなく、
原因を、現場の状況から真摯に探ろうとしていらっしゃる点が、素晴らしいと思います。
背筋が寒くなるのは、
ある私立中学の入学試験と、ある大学の入学試験の比較。
12歳と18歳が受ける試験、どちらが、どのようだと思われますか?
生の試験問題が掲載されていて、まるで良く出来た皮肉なジョークのようです。
でも、これがリアルなのですが。

大学でキャリア教育に携わる者としては、ぶれずに、
『はたらくことと、生活することを、自らが生涯続けられる力を身につける』ことを目標に、
私の教育を提供し続けたいと思います。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

経験と教育合理的な人間関係 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます